地下鉄東西線の影響

土地・建物の購入や、建物の賃貸を探される際の条件には、立地条件があります。

ここ数年の仙台市内の土地価格で特に高い上昇率を示したのは、地下鉄東西線沿線各駅から徒歩圏内でした。

賃貸住宅についても地下鉄東西線駅徒歩圏の物件は入居率が高く、春の移動時期になりますと、成約がとても早い状況でした。

希望条件の揃った物件を見つけたら、行動は迅速にしませんと、他者から申込みがなされ、残念結果になることも多くあります。

売買も賃貸も物件情報についての相談は地元の不動産業者がよろしいかと思います。

 

今春に向けての部屋探し

早ければ良い……?

学生向けアパート・マンションは退去する予測が付きますが、地下鉄沿線は社会人も多く入居しているので予測ができません。

3月に退去(引っ越し)する物件が年間最も多く、退去連絡はその1ヶ月前がほとんどです。

そんな訳で2月になってから退去連絡が多く入りだします。

新入学の方は3月下旬には入居したいという方が最も多く、なかなか合致するのが難しい時期でもあります。

好物件は現在多くあります。しかし申込みとなりますと家賃起算(契約)は発生する事になります。

毎年のことですが、地下鉄駅徒歩圏の好物件を決めている方々は、シーズン前の今から探し、気に入った物件を契約しているのです。家賃起算日と入居日は一致ではないのです。

もちろん学生向けや立地が今一の物件は、早めの申込であっても家賃起算を2ヶ月先からでも可といった物件はあります。

途中で住み替えは費用負担が増えます。長い目で見て判断されることが良いかと思います。

有限会社 大福不動産

営業時間

月曜~金曜日 9:30~18:30 

土曜日    9:30~17:00

定休日:日曜・祝日

日曜・祝日

夏季・年末年始 

 

お問い合わせ

TEL: 022-221-5624

FAX: 022-221-5625

 

お問合わせはこちらから

 

または

info@daifuku-fudosan.jp

          まで